読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なみのりいるかの夢

しばらくは雑記です。

幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎

2017/02/19 東京海洋大学附属図書館主催の「幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎」の講演会と展示へ行ってまいりました。

展示/イベント - 東京海洋大学附属図書館
f:id:naminori_iruka:20170220223800j:image

講師は荒俣宏さんで約1時間半もの大変充実した講演でした。

 

伊藤熊太郎(いとうくまたろう)は明治から昭和にかけての博物画家であり、図鑑や学術論文の為に精緻な魚類画を書いており、1900年代初期アメリカのアルバトロス号でフィリピン沖における海洋調査に参加し多数の魚類画がスミソニアン博物館に残されているそうです。


今回東京海洋大学で原画1261枚が発見され、2017年3月10日迄は品川キャンパスの東京海洋大学附属図書館にて40枚ほどの原画が展示されていますので興味のある方は是非原画をご覧ください。科学博物館でも数枚しか所有されていないそうです。


博物画として伊藤若冲の魚の図は魚種を同定出来ますが、背びれの棘や軟条の数などが違っていたりで魚種はわかるけどそのままでは無いよねとか、西洋だと干物に色を付けたような物が多かったりとなかなか面白いお話でした。日本は山葵がある為かナマモノを好んで食べるからか色彩に関しては生きてる魚に近い物が多いそうです。さらに生きているような躍動感の絵も多かったとか納得です!

シーボルトあたりになると背びれの棘や軟条の数も実物と同じであり、この辺りから博物画としての評価になるようです。

明治16年の水産博覧会で水産業を復興しようとして標本や図譜がかなり描かれ、この時期伊藤熊太郎が鹿児島から出品された干物の魚の図が残っているそうです。第2回の水産博覧会では輸出用の金魚にかなり力を入れていて彩色の絵図があるそうです。

  

図鑑の魚の絵が美味しそうに見えるのは刺身で食べられる魚を見て書いたかとか、日本人の魚はたとえお弁当や缶詰のラベルでも生きが良く跳ねてるような絵が多いとか、目のハイライトを入れはじめてより生きてるように見えるとか! 

 

どのお話も図も写真も大変素晴らしく講演会を聴講でき幸せでした!

 

講演会の後は図書館にてスケッチや原画、絵葉書を解説付きで見る事ができさらに目録と講演会オリジナル絵葉書を頂きました。展示目録については展示をご覧頂ければ頂けるようなので手に入れたい方は是非観に訪れて下さい。

f:id:naminori_iruka:20170220223722j:image

展示の原画などの中に日本重要水産動物圖/大日本水産會編 第2圖(改訂再版の伊藤熊太郎画)などが撮影可能でした。

f:id:naminori_iruka:20170220223537j:image

 

伊藤熊太郎に関しては国内の資料が大変少なく現在でも資料や原画など探しているとの事なので、お持ちの方やご存知の方がいらっしゃいましたらご連絡をお待ちしてるとの事でした。

幾つかは古書で探すと個人でも手には入るそうです。きれいなのでいつかコレクションしてみたいですね。

 

日本魚介図譜〈第1-3輯〉 (1929年)

日本魚介図譜〈第1-3輯〉 (1929年)

 

 

 

多摩動物公園に行ってきたよ!

けものフレンズを見てからどうしてもサーバルキャットが見たくなって行ってきました。

f:id:naminori_iruka:20170217165517j:image

東京都日野市にある多摩動物公園へは京王線か多摩モノレールの「多摩動物公園駅」下車徒歩1分か、国立府中ICから20分で近隣の駐車場(平日700円・土曜900〜1200円・日曜祝日1200〜1600円・特別日1200〜1600円)で行くことができます。

多摩動物公園公式サイトhttp://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/

 

中はかなり広く坂も多いので歩きやすい靴がお勧めです。

今回はサーバルキャット中心に半分ほど回りましたが14000歩ほど歩いておりました。

風が吹いたり雨が降ったりすると結構大変なので天気はしっかり確認して下さいね。

 

さて、サーバルキャットがいるのは入口から右の坂を進んで昆虫館の横を通ってライオンエリアの途中になります。チーターさんと向かい合わせの展示となり、時間によって出ている子が変わってきます。

f:id:naminori_iruka:20170216151929j:image

チーターさんはガラス越しのエリアと柵なしエリアとあります。出ていたのが雄だったのでマーキングが観察できましたよ。結構豪快に飛ぶのですね〜お顔も凛々しくてやっぱりカッコよかったです。

 f:id:naminori_iruka:20170216151854j:image

サーバルちゃんは2つの檻にそれぞれ展示となります。公式サイトで確認が必要なのですが月に何度かサーバルジャンプという餌を高い所に吊るしてジャンプで取るところが見れるイベントもあります。

2m以上のジャンプは迫力ありますのでタイミングが合えば是非ご覧下さい。

思ったより小型で本当に飼い猫っぽかった!耳が大きくて特徴的なのはけものフレンズのキャラと一緒でした。かーわいー!

 

さらに奥のコアラ館の先に、日本で唯一ここでしか見れないタスマニアデビルがガラス越しに見られます。小型のクマ?みたいに恐可愛いですよー

f:id:naminori_iruka:20170216153024j:image

実はこのサイズでスカベンジャーなのですよ。詳しくは現地で説明を読んで下さい。可愛いのだけど顔と口が怖いのであまり野生の子にはあいたくないかな?

 

けものフレンズ6話迄だと、他にはマレーバク・コツメカワウソ・ツキノワグマ・ライオンが見れます。

入園料 大人600円ですが、年間パスポートが2400円とお安いので通える範囲の方は年パスをお勧めしますよーさらにお気に入りの動物がいれば、サポーター制度を使って1口1万円から募金可能です!

動物園サポーター | 多摩動物公園 - 東京ズーネット

 

さて、途中で疲れたら休憩なのですが、あちこちにベンチやバス型のスポットもありゆっくり休むことができます。

アフリカエリアに売店があり、パラソル付きのベンチで休憩可能です。屋根付きはオーストラリアエリアのコアラ下売店。こちらのみでクレジットカードが利用可能です。後は入口のズーカフェ!どちらでもビールの販売があり大人の方ものんびり出来ます。場所によって特別メニューがあるので公式サイトや公式Twitterでご確認下さい。お勧めは木のぼりコアラアイスですよー

f:id:naminori_iruka:20170216154928j:image

 

広いので歩くのは大変ですが、その分動物達がのびのびとしていて、展示にもかなりこだわっていますのでゆっくりと回って見て下さいね。