読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なみのりいるかの夢

しばらくは雑記です。

大英自然史博物館展へ行って来たよ! その1

上野の国立科学博物館で2017年3月18日から開催している大英自然史博物館展へ行って来ました。

大英自然史博物館展

f:id:naminori_iruka:20170421160754j:image

序章から5章に分けて大英自然史博物館の成立ちや標本、研究などに貢献した方々の説明も交えながら181の展示物を見ることが出来ます。音声ガイドは山田孝之さんで落ち着いた声でクイズを交えながら18の語りで案内してくれます。約30分ありますので、時間に余裕がある方は是非聞いてみて下さい。3つのクイズは展示物を見ると正解できると思いますよ!また、フラッシュや動画は禁止ですが撮影は可能ですので気になる展示物がある方は是非カメラをお持ち下さい。

 

 序章 自然界の至宝

最初に迎えてくれるのは大きな絵 ジョン・オーデュボンのアメリカの鳥

f:id:naminori_iruka:20170413163719j:image

ショウジョウトキの鮮やかな赤が綺麗に見ることができます。

 

ブラシュカ父子のガラス模型

 f:id:naminori_iruka:20170413163847j:image

 このガラス模型はアルコール保存で失われてしまう色合いを、見ることができる貴重な物だそうです。国立科学博物館では現在の技術で作られたプラスチネーション標本が地球館1階系統広場で見ることができますよ。

f:id:naminori_iruka:20170413164137j:image

こちらがプラスチネーション模型です。ガラス模型のが体表の色合いが本物っぽい!吸盤などの造形は本物にはかないませんが、色の再現度が素晴らしいですね。

 

 f:id:naminori_iruka:20170421154630j:image

他にもキリンの頭、三葉虫、呪われたアメジストなどなど12の展示物があります。特にキリンは全身の剥製ではなくて頭のみの剥製なのがすごいですね。それでも目線よりも高い位置に頭がありましたよ!

 

余りにも膨大な展示物なので今回はここまでです。会場は混みすぎないように入場整理券の配布があります。整理券は無くさないようにご注意下さい。

f:id:naminori_iruka:20170421160024j:image

 

 

 

ナノブロック マダコ 蛸壺付き nanoblock Common Octopus

 

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 DVDBOX

 

イカの卵を見に葛西臨海水族園に行って来ました!

2017/04/04 3/20、葛西臨海水族園公式Tweetでヒメイカの産卵があったとみて、早速観察しに行って来ました。

Twitter

 

ヒメイカ

ヒメイカは2cm程の最小のイカで葛西臨海水族園では東京の海エリアの2階にある小さな水槽に展示があります。アマモとアミメハギの幼魚やヤドカリ、ホヤ、エビなどと一緒に展示されていて4匹ぐらい居るのですが、小さいので探すのが大変です。アマモの影に居るので横から見たり斜め下から探してみて下さい。

f:id:naminori_iruka:20170405170758j:image

こんな感じに吸着器でアマモにくっついています。残念ながら卵の列は確認出来なかったのですが、もしかしてこれかなっていう殻?がありました。

f:id:naminori_iruka:20170405170938j:image

違ったらごめんなさい。

 

アオリイカ

実は3/30にアオリイカも産卵していたそうで卵鞘を見ることができました!アオリイカはヒメイカと違って40-45cmの大型のイカです。20日ほどで孵化してしまうそうなので観察してみたい方はお急ぎ下さい。

f:id:naminori_iruka:20170405171704j:image

f:id:naminori_iruka:20170405171735j:image

水槽の左上の端ですよー

 f:id:naminori_iruka:20170405171749j:image

 f:id:naminori_iruka:20170405171801j:image

アオリイカは見ていると色が変わってとても楽しいです。上の写真は左に別の個体が居るので左右で模様が変わっています。

f:id:naminori_iruka:20170405172032j:image

アオリイカの水槽は上からも観れるのですが、上から見ると色がちょっと濃いめに感じます。この色も見ているとわずかに変わっていくので見ていて飽きないですね。

 

年間パスポートを持っていると気になる展示があったらすぐに見に行けるので良いですね♪

 

ちなみにイカと言えば奥谷先生ですよ。この方が居たのでここまでの図鑑が出来たのです。 

新編 世界イカ類図鑑

新編 世界イカ類図鑑

 

 

 

井の頭自然文化園へ行って来たよ!

「けものフレンズ」1期が終わってしまったので、感謝と共に、井の頭公園にある動物園へ行って来ました。正式名称は井の頭自然文化園と言い、道路を挟んで動物園と水生物園の2つに分かれています。

井の頭自然文化園公式サイト - 東京ズーネット

吉祥寺駅から徒歩10分、車の場合は駐車場無いので周辺のコインパーキングを使うことになり、あまり多くはないので土日は電車をお勧めします。

 

動物園は入ると右手にフンボルトペンギンの池があります

f:id:naminori_iruka:20170329163343j:image

こちらのフンボルトペンギンは3羽の展示ですが、距離が近いのでとても見やすいですよ!ふるるの特徴でもある、お腹周りの黒いぽつぽつとした模様と、くちばしの周りのピンク色、足が黒い所が近くてよく見えました。

f:id:naminori_iruka:20170329164102j:image

この写真はフンボルトペンギン(葛西臨海水族園)・マゼランペンギン(すみだ水族館)・ケープペンギン(上野動物園)です。首のあたりと目の周りの白、足で違いがわかりますね!目からクチバシへピンクの帯があり足が黒いのが、フンボルトペンギン。首に2本黒い帯があって足がややピンクなのが、マゼランペンギン。目の周りが白くてクチバシは黒いのが、ケープペンギン。こうしてみるとふるるのデザインの素晴らしさがよくわかります。

 

ペンギンの次はアフリカタテガミヤマアラシ

f:id:naminori_iruka:20170329164923j:image

写真は2匹います。サイズが結構大きいのですが、中々起きて動いてる姿は見る事が出来ていません。

 

アライグマは落ち着きのない子でした

f:id:naminori_iruka:20170329165427j:image

さすがあらいさん。最初は寝ていたのですが、15時頃からウロウロと歩き回っていて中々良い写真が撮れない!顔の模様がとても特徴的で、けものフレンズのあらいさんの髪の模様にもなっていますよね。日本では特定外来生物となり飼育や販売、輸入は禁止されているそうですよ。

 

カピバラはいつでも寝てる!

f:id:naminori_iruka:20170329170427j:image

9話の温泉にいたカピバラさん。温泉さいこー!伊豆シャボテン公園などでは、時期限定で温泉カピバラが見れるそうですよ!井の頭自然文化園のカピバラは温泉には入っていませんが、気持ちよさそうに寝ていました。

 

1番見たかったフェネックは本当に可愛い

f:id:naminori_iruka:20170329171029j:image

 f:id:naminori_iruka:20170329171047j:image

 ほとんど寝てましたが起きて伸びをした瞬間を撮れました!ふわふわしていて小さくて本当に可愛い〜

 

けものフレンズが終わってしまって寂しい気持ちの方は、是非井の頭自然文化園であらいさんとフェネックを見てあの旅を思い出したり、カピバラさんで温泉に想いを馳せると良いかもです。

 

おまけの桜。

 f:id:naminori_iruka:20170329172142j:image

 早咲きの3本ほど花をつけていました。ソメイヨシノの見頃は今週末かもですね。

 

サファリ社フィギュア 228129 フェネック

 

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (2)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (4)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (3)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (5)