読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なみのりいるかの夢

しばらくは雑記です。

しながわ水族館に行って来ました!

泳ぎたいくらいの良い天気の中、しながわ水族館に行って来ました。

しながわ水族館

公園の中の入り口

しながわ水族館へはJR大森駅から徒歩15分(無料送迎バスは本数が少ないのでご注意下さい)京急の大森海岸駅から徒歩8分です。大森海岸駅からは看板と歩道のタイルで案内がありますので迷わずに歩いて行けます。

f:id:naminori_iruka:20170522225722j:image

公園の入口ではイルカのオブジェがお出迎え!

f:id:naminori_iruka:20170522225813j:image

公園内を進んで行くとしながわ水族館入口となります。ここにも可愛いイルカの植木のオブジェが!

f:id:naminori_iruka:20170522225928j:image

入館料は1200円、半券があれば当日は何度でも入館できますので無くさないように気を付けて下さいね。

 

はじまりは川

しながわ水族館は入館すると東京の川の生き物からの展示となります。上流から下流へ、さらに東京湾へと展示は続きます。実際の品川の海の生き物や、砂地や磯の生き物が展示されています。

f:id:naminori_iruka:20170522231100j:imagef:id:naminori_iruka:20170522231108j:image

10cmぐらいの棘に注意しないといけないハオコゼと、横縞と頭近くの黄色が特徴的なオヤビッチャはよく見かける魚達です。

f:id:naminori_iruka:20170522231626j:image

こちらはギンユゴイ。銀色に光る体と尾の黒筋が特徴です。

f:id:naminori_iruka:20170522231928j:image

潮の満ち引きが観れる水槽には幼魚と小魚がいます。こちらはカワハギの幼魚です。

 

ここで目の前にイルカのプールが見えますが、ショーの時間がまだでしたので、先に進みます。マイワシやネンブツダイの群れと大水槽の海面、イカやタコの後は階段で下の階へ。

 

見所はトンネル水槽

階段を降りるとそこは水槽のトンネルです。ウミガメやエイや大型魚の泳ぐこのトンネル水槽は海底散歩をしている気分になります。良い写真が撮れなかったので、是非実際に観に行ってみて下さい。

ちなみに、須藤真澄さんのアクアリウムというコミックスの映画で使われた映像がここになります。

 

そして今回のお勧めはワラスボの生体展示です!

 f:id:naminori_iruka:20170522235454j:image

f:id:naminori_iruka:20170522235508j:image

干潟の泥の中に住んでいる為、目が退化していて歯がちょっと怖いです。日本で大村湾、諫早湾、有明海のみに生息している珍しい魚です。佐賀市の協力による特別展示ですので、気になる方はお早めに!ちなみにお土産で購入も出来ますよ!

f:id:naminori_iruka:20170522235918j:image

 

 イルカのショーは上と下の両方から

しながわ水族館はイルカショーをおこなっていますが、実はイルカプールを下からも見る事が出来ます。

f:id:naminori_iruka:20170523000608j:image

f:id:naminori_iruka:20170523001943j:image

どちらも椅子がありますのでゆっくり楽しめます。

 

また、アザラシ水槽も360度楽しめる水槽ですので、上からも下からも観てみて下さいね。

 

アクアリウム

Aquarium (ゲーメストコミックス)

 



 

名探偵コナン から紅の恋歌

本日のレディースディの映画は名探偵コナン!

名探偵コナン 公式サイト

去年は別名が付くほどの別の楽しみがありましたが、今年は平次の為の映画でしたねー

平次と和葉の高校生らしい甘酸っぱいラブストーリー(関西版)な感じで、平次大活躍!コナン君添え物、新一は出番なしなので、コナン君の活躍を期待していた方々には物足りないかもしれません。

 

しかし、百人一首好きな人は色々謎かけが分かって楽しいかもです。やはり、恋の歌と言うのは素敵だなぁと思いました。

 

ちゃんと最後までしっかり観て下さいね。

 

渡月橋 ~君 想ふ~ 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)主題歌(バック演奏編)

渡月橋 ~君 想ふ~ 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)主題歌(バック演奏編)

  • Crimson Craftsman
  • インストゥルメンタル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

大英自然史博物館展に行って来たよ!その4

会期は6月11日までですよー

大英自然史博物館展に行って来たよ! その1 - なみのりいるかの夢

大英自然史博物館展に行って来たよ!その2 - なみのりいるかの夢

大英自然史博物館展に行って来たよ!その3 - なみのりいるかの夢

 

GWも終わり展示も空いてて見やすい時期です。月末になるとまた混み始めるので早めをお勧めします。

 

3章 探検がもたらした至宝

ジョセフ・バンクスのタカラガイコレクションから始まる、太平洋の海洋生物達はとても心魅かれます。

f:id:naminori_iruka:20170516110306j:image

ブラジル、タヒチ、ニュージーランド、オーストラリアで採集されたタカラガイです。沖縄などでも見かけるタカラガイもいくつかあります。

 

そして深海へ挑んだチャレンジャー号の採集品へと展示は変わっていきます。

f:id:naminori_iruka:20170516111113j:image

この、チャレンジャー号の航海で採集された微生物のスライドボックスは素晴らしかったです!他にも様々な生物の採集品があり、西太平洋アラフラ海やパタゴニアトム湾沖など採集場所も様々でした。

 

さらに探検は南極へ向かいコウテイペンギンの雛や裸子植物の葉化石グロッソプテリスなど見所が続きます。

f:id:naminori_iruka:20170516112040j:image

この標本は南極大陸のコウテイペンギンの雛なのですが、イギリスの方々の鳥に対する扱いが何とも面白いです。いくつかの鳥はこの形で展示となります。日本の博物館の生きているような剥製に馴染んでいるとびっくりします。

f:id:naminori_iruka:20170516114752j:image

この生きてるような姿の剥製のコウテイペンギンの雛は常設展で観られます。比べて観て下さいね。

 

また、こちらの葉化石と、常設展地球館地下2階のグロッソプテリスを見比べて観て下さい。大英自然史博物館展で展示してあるのは南極大陸と南アフリカでの標本です。

f:id:naminori_iruka:20170516112950j:image

この標本が常設展のオーストラリア産です。

 

ここでウォルター・ロスチャイルドのコレクションに展示は変わります。気性の荒いシマウマを馬車の馬に仕立てた写真が衝撃的です。

f:id:naminori_iruka:20170516114016j:imagef:id:naminori_iruka:20170516114033j:image

ヒクイドリとゴマダラキーウィの白羽異常個体と正常色個体。ヒクイドリは顔の色がすごいです。

 

3章最後は日本の様々な標本です。

タカアシガニやアマノリなどの海産物と植物、隕石や鉱石も所蔵されています。

 f:id:naminori_iruka:20170517100903j:image

さらに3つの隕石もイギリスへ渡っています。鹿児島県の薩摩隕石、佐賀県の小城隕石、福岡県の東公園隕石です。こちらの展示を観た後は、やはり常設展の隕石も探して観て下さい。

f:id:naminori_iruka:20170517101619j:image

こちらは日本館3階に薩摩隕石の4つの破片があります。さらに同じ産地の水晶と輝安鉱もありますので比べて観ることができます。

 

 ここで休憩の出来るスペースがありますので、疲れた方は是非休憩を取って下さいね。まだまだ展示は続きます。

 

タカラガイ―生きている海の宝石 日本と世界のタカラガイ207種 (ネイチャーウォッチングガイドブック)

タカラガイ・ブック―日本のタカラガイ図鑑